Bodyplus international CEO DAVID HALTON

2018.06.04


どうしよう
決断が難しい時はどうしますか?
私は時々高祖父の写真を見ることにしています。山形戸沢藩の侍でした。その写真では30歳くらいに見えますが落ち着いて賢明な感じです。写真を見ながらこんな時彼ならどうするだろうと自問します。

江戸時代にもきっと争いや対立など現代と同じストレスがあったと思いますが、おそらく侍ならこの世で自分に課せられた仕事を黙って受け入れたことと思います。

藩主に仕え、勝利の栄誉のために骨を折ったことでしょう。敗北の中でさえ掟に従っておれば栄誉がありました。

現代では他人に奉仕するために生きるということはないようです。行動規範というものがあるとすれば、それは曖昧で従う人も少ないようです。自分の職業は天から与えられたものとは考えません。そして会ったこともない他人にどう評価されるかを心配するのです。

私たちが他人に奉仕する義務感は200年たっても変わってはいません。家族、仲間、顧客、自分より不幸な人々などの生活を守り改善するために努力しています。

変わったのは自分の転職を知ることから気をそらせる雑情報や鳴り物が増えたことでしょう。

私たちは誰でも天から成功への切符を与えられています。期限切れになる前に使いましょう。

What should I do? How do you make your toughest decisions?

Some times I look at the photo of my great great great grandfather.  A samurai from Tozawa, Yamagata.  He seems about 30 in this photo but calm and wise.  I ask myself; ‘what would he decide in this situation?’

I’m sure even back then in the Edo era there were strifes and conflicts, many of the same stresses we have today. However, I think Samurai accepted what they were put on this earth to do.

They lived in service of a lord and strove for glory in victory.  Even in defeat, if they lived by the code, there was honor to be had.

These days we don’t seem to live in service of others.  If there is a code, it is vague and not followed by too many.  We don’t think of our professions as a ticket received from god. We worry how we will be judged by people we have never met before.

A couple hundred years hasn’t changed our feeling of duty to service of others.

We strive to protect and improve the lives of our families, our teammates our customers, those who aren’t as lucky as we are.

What has changed is the increased clutter of information and noise that distracts us from knowing what we are put earth to do.

Each and every one of us have been given a ticket from God.  Let’s use it before it expires.